>ホーム >サイトマップ
   




掲載日 2008/11/26 
更新日 2009/08/19 
(株)日立テクニカルコミュニケーションズ


代表者
 
所在地
神奈川県横浜市戸塚区品濃町549-2
産業分類
情報通信
事業内容
大規模ソフトウェアおよび情報機器等のマニュアルおよびコンテンツ制作
創業年
平成元年10月1日
ホームページアドレス
http://www.hitachi-tc.co.jp/
従業員数
    (単位:人)
  正社員 正社員以外
男性 126 8
女性 119 22
   男性正社員
   女性正社員
2009年5月末現在
正社員に占める女性の割合(正社員について)
48.57%
平均勤続年数男女差(正社員について)
5.5年 (男性 14年 4ヶ月  女性 8年 10ヶ月 )
課長相当職に占める女性の割合(正社員について)
26.92%
女性のトップの役職(正社員について)
部長

取組むきっかけ
テクニカルコミュニケーターというニッチ(隙間産業、大手企業が手を付けていない分野で、ある程度需要がある産業)な職種で、技術を有する“人”が財産である。よって、男女の差がない職場となっている。女性に向いているという面もあり自然に女性社員が多くなってきたが、経験豊富な女性が妊娠、出産で退職するのは会社にとっての大きな損失であるというトップの意向もあり、両立支援、ワークライブバランスの推進に努めてきた。
取組体制
総務部総務課主体
取組目標
仕事と育児の両立支援を目指した。
取組内容とその結果
  1.継続就業の取組
育児のための短時間勤務者へのフレックスタイム制度など法を上回る両立支援のための制度を整備。
育児と仕事の両立支援ハンドブックを作成し,全社員に配布し利用率向上の啓発をした。
休業後の職場復帰をしやすくするためのWebによるe-Learningの実施。
取組の効果
第1回横浜市グッドバランス賞の表彰企業となる。両立への支援、協力体制等の企業風土、管理職の登用に男女差がないこと等が評価された。各方面で社名が取り上げられ会社の広報活動に貢献できた。
沢山の女性管理職がいるので、出産・育児で退職しない風土ができている。そのため、離職率が低く女性も長く勤務している。
今後の課題
まだまだ出産・育児を経て管理職を続けている女性が少ない(主任以上で15.0%)。現在育児休職者である若手の女性が、育児を続けながら上を目指し、それが当然である風土を醸成したい。