「見える化」支援ツールで、企業における賃金・雇用管理のあり方を見直し、

性別を問わず社員の活躍を促進しませんか? 「見える化」詳細 「見える化」例
まず、男女間格差の「見える化」を!

 男女を問わず社員の活躍を促進する賃金・雇用管理の実現のためには、まず現状を「見える化」して実態を把握し、改善の必要性に「気付く」ことが前提となります。 「見える化」の方法としては、あなたの会社の採用、配置、昇進・昇格、賃金などさまざまな雇用管理データを男女別に集計・指標化したり、統計データに現れてこない社員の意識をアンケート調査することなどが考えられます。
「見える化」推進支援ツール活用の流れ
PDCAとは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善することです。
見える化 支援ツールはこちら
ポータルサイト・トップ